NEW オススメ

【ピーチのようなフルーティ感と優しい甘さの余韻】パナマ ドンペペ農園 230g

商品コード:
single-donpepeP~single-donpepeWB
販売価格(税込):
2,160
関連カテゴリ:
ストレートコーヒー
軽めのコーヒー
こちらの商品は選べるコーヒーセット対象商品です選べるコーヒーセット価格:
個数 単価(税込)
1 2,160円
2~ 1,620円
上品でやさしく、甘さとほんのりした酸のバランスの良さが際立つコーヒーです。甘さの素晴らしさが魅力のコーヒーです。

パナマのコーヒーはその甘い風味で日本の消費者に親しまれています。
コスタリカ国境沿いのボケテ地域は、コーヒー生産で最も有名な地域です。花卉栽培が盛んな同地域は、気候が良く、近年欧米からの観光客が増加しており、レリダ農園など、コーヒー農園内にホテル(ロッジ)を併設しているところがあります。また最近同地域内では宅地化が進んでおり、コーヒー栽培が難しい環境にあります。元来生産量がコスタリカの一か月分といわれ、生産量が少なく、品種、処理方法、マイクロロットなど個性と品質で勝負というのが最近のパナマの傾向です。

ドンペペ農園は、バル火山山麓の湿潤な森の中にあります。ドンペペ農園はこの町のパイオニアで初代農園主でもあるドン・エンリケ・バスケスさんが1898年に創業しました。以降、四世代に渡って、標高の高さや火山灰の豊富なミネラルを含んだ土壌に恵まれた土地の利を生かして高品質コーヒー生産を続けてきました。

また、この地域の生態系保存のために土地の10%は自然林のまま保存しており、こうした環境に配慮した姿勢はバスケス一家の大きな誇りです。自然を保護するためには、コーヒー生産は人と自然の共生によって行われています。

今後は、新品種の導入や、乾燥エリアを拡充し、雨天時に備えたグリーンハウスの建設を考えています。

栽培地: ボケテ地区 ボルカンシト
農園名: ドンペペ農園
農園主: ヘスス・A・バスケス氏、ホセ・ウンベルト・バスケス氏
品種: カツアイ種 
面積:100ha/内80haがコーヒーエリア
標高: 1650~1800m
土壌: 肥沃な火山灰
収穫時期: 11月から4月
生産処理: 水洗方式(FW)、天日乾燥