NEW

【ほんのりアップルティーのような】ホンジュラス テパングアレ農園 250g

商品コード:
single-tepangareP~single-tepangareWB
販売価格(税込):
1,620
関連カテゴリ:
ストレートコーヒー
中間のコーヒー
こちらの商品は選べるコーヒーセット対象商品です選べるコーヒーセット価格:
個数 単価(税込)
1 1,620円
2~ 1,080円
優しいフルーティー系の中煎りコーヒーなので飲みやすく、普段飲みに最適です。

農園の位置するラパス県では古くからコーヒー生産が行われており、コーヒーの一大生産地です。このラパスのコーヒーは1時間半かけてマルカラにチェリーで運ばれ、産地としては有名なマルカラブランドで販売されていました。

テパングアレ農園は2019年春に開港の新国際空港を見下ろす山のてっぺんに位置しています。太平洋からの乾いた風と大西洋からの湿潤な風がこの山でぶつかり、独自のマイクロクライメット(局地的気候)をもたらします。

農園主のアベル・メヒア氏は、祖母よりこの農園を引き継ぎました。
メヒア氏は非常にまじめでかつ、献身的に生産活動に従事していらっしゃいます。 真っ赤に摘み取られたコーヒーチェリーは、農園から車で15分離れたミル(精製設備)に持ち込まれ、屋根つきのサスペンディドパティオという独自の環境で21日間かけてゆっくりと乾燥させます。(Slow Drying) この工程を経た生豆は経時変化に非常に強く、ヒスイのようなその色を永遠に保ちます。

メヒア氏はとても優しく隣人の農園にも協力してウェットミルを持たない彼らのためにプロセスを代行し、丁寧に乾燥させてクリーンな生豆に仕上げました。その農園のカップクオリティははスペイン、台湾、韓国のバイヤーを魅了し、世界的にとても評価が高いのです。これも、メヒア氏の生産処理・乾燥における経験と技術のたまものです。

農園名:テパングアレ農園
農園主:アベル メヒア氏
エリア:ラパス県 テパングアレ
栽培品種:ブルボン
プロセス:ウォッシュド
標高:1,600m
農園面積:2ha

天日干しの風景