きたみコーヒー

深煎りブラジル ペドラレドンダ農園

  • NEW
商品コード:
single-0261~single-0262
店頭の通常価格(税込):
1,620
通販の販売価格(税込):
1,080
深煎りコーヒーとして販売されているものの多くは焙煎で焦げているものが見受けられます。焦げはエグみの原因となり、これを苦味と勘違いしてしまいますが、エグみは不愉快な味わいなので水を飲みたくなります。

きたみcoffeeの深煎りブラジルは後味に甘さを感じます。それはエグみがないためにクリーンな爽快感があり、甘さが隠れないのです。

ミナス・ジェライス州は、ブラジルの南東部に位置します。近年までは、肥沃な土壌とコーヒー生産に適した気候を兼ね備えた、南東部3 州(南よりパラナ州、サンパウロ州、ミナス・ジェライス州)を中心にコーヒー生産が行われていました。

現在は、南部の霜害対策として生産地域が徐々に北上し、このミナス・ジェライス州がコーヒー生産の中心地となっています。 その中のマタデミナスは高品質コーヒーを産出する地域として知られています。

マタデミナスのアラポンガ地区は、およそ80%の農園が標高1000m以上に位置し、高品質なスペシャルティコーヒー生産の可能性を秘めております。 生産者は農薬を使用せず、中小規模農園が多く、家族ないしは仲間と協力し、コーヒー生産に励んでおります。 同地区では、農業ビジネスの約80%がコーヒーです。

ペドラレドンダ農園はホセ氏によって経営され、その歴史は30 年以上になります。同氏は兄弟のジェラルド氏とドニゼテ氏と共に働き、ジェラルド氏は生産処理と品質管理を、農園の管理を行っております。

コーヒーは山岳地域の為、手摘みで行われ、コーヒーの乾燥はパティオないしはアフリカンベッドで行われます。(天日乾燥) 収穫期には80-100 名の労働者とともに収穫作業を行います。 労働者にやさしい農園として、労働者のいかなるニーズにもこたえるべく、努力しております。 何年にもわたり、農園の問題点の抽出を行い、継続的に品質改善に取り組んでいます。
  • 豆・粉:
数量:

深煎りブラジル ペドラレドンダ農園

深煎りブラジル ペドラレドンダ農園

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。