コスタリカ シンリミテス

きたみCoffee シングルオリジン

HOME | コスタリカ シンリミテス

コスタリカ  シンリミテス農園
 
 

 コスタリカでは、従来農協系や大手会社によるコーヒーが主流でしたが、ここ数年発展してきたマイクロミルのコーヒーがそのユニークさおよび品質の高さから注目を受けております。
 

豆の撹拌作業

 同国では、他の中米と異なり、農園規模は小さく、収穫したチェリーを農協系またはプライベート加工業者に搬入する分業制が主体でありました。この場合、各農家のコーヒーは大きなロットの一部になってしまいます。
 
 過去 10年、先進的な農家は、家族や親類など農園が小規模な水洗処理設備、乾燥設備を共有し、地区特性を反映した品質の高いコーヒーを一貫して生産する動きがマイクロミルです。コスタリカ全土でその数は180を超えるといわれ、従来のコスタリカコーヒーの概念を覆す高品質を実現しています。それもそのはず、樹の管理から水洗処理、乾燥、中にはドライミルまで所有し、生産者自身のプライドを賭けた商品として作っているからです。
 

オーナーのカルデナス氏

 シンリミテスは、マイクロミルの中でも五本の指に入ると言っても過言ではないでしょう。小さなミルですが、綺麗に整備された乾燥テーブルなど、いかに手間暇をかけて生産しているかがわかります。まさに職人マイクロミル(ARTISAN)です。カルデナス氏は、特にハニー製法に熱心に取り組んでおり、彼がコスタリカハニーコーヒーを更に上のステージに引き上げたと言っても過言ではありません。
 
  2008年の品評会であるカップ・オブ・エクセレンス( COE)では堂々の 2位を獲得し、その後も入賞を果たしております。また、WBC大会では鈴木バリスタがシンリミテスコーヒーと共に世界を相手に奮闘し上位入賞を果たしております。
 
 『シンリミテス』とは『無限』の意味ですが、この豆の持つウエストバレー特有のオレンジ系風味とコク、芳醇な甘味からは、コスタリカコーヒーの無限の可能性を感じる素晴らしい一品です。 
 
・品 種: ヴィジャサルチ
・栽培地: コスタリカ ウエストバレー地域 ロオールデス デ ナランホ地区
・マイクロミル名: シンリミテス
・生産者: ハイメ&メイベル カルデナス
・標 高:  1,600               
・収穫時期:  2月~ 3
・生産処理: イエローハニー製法 (粘液質を50%程度残し、乾燥する。)
 



 
きたみCoffee紹介動画